プロポリスの副作用とは?

天然の抗生物質と言われているプロポリスですが強い抗菌力などがあるため体に負担がかかりそうですよね。
しかし、このプロポリスには特に副作用というものはありません。人工的ではない自然で作られるプロポリスだからこそなんの負担も抱えずに力強い効能を得ることができるんですね。
そもそも副作用とは、医薬品の使用に伴って生じる治療目的に沿わない症状のことを指します。プロポリスは医薬品ではなく健康食品に分類されるので副作用というものは存在しません。しかし、プロポリスの効能により好転反応や体に合わなかったりすることはあります。
好転反応とは、プロポリスの効能により毒性物質などを体外に排出し、体調が改善される直前に起こる一過性の症状のことです。副作用というほどのものではないのですが、体に違和感が出ることはあるかもしれませんね。

あと、蜂アレルギーの方は気をつけて下さい。蜂アレルギ-とは、一度蜂に刺されることによって体内で蜂の毒に対する抗体が出来てしまうことです。
蜂アレルギーになると、もう一度蜂に刺されることで体内の抗体が過剰反応し、アナフィラキシー反応を起こしてしまいます。
その反応ほど激しいものではないんですけど、アレルギーを持っている方がプロポリスを摂取することで皮膚が真っ赤になり腫れ上がったり、めまいや嘔吐といったアレルギー反応を起こしてしまいます。
なので、アレルギーを持っている方でプロポリスを服用される方は、検査を行い医師に相談するようにしましょう。