プロポリスの成分は?

ここでは、プロポリスに含まれるたくさんの成分を紹介したいと思います。プロポリスは100%ミツバチが自然のものから作った天然の抗生物質です。
プロポリスは、植物の樹脂・バルサム55%、ワックス30%、油性物質10%、花粉5%で構成されていて、その成分は300種類を超えると言われています。
その中でも有名な成分を紹介しようと思います。

・フラボノイド

プロポリスのことを調べていると、「フラボノイド」って言葉をよくみますよね。このフラボノイド、起源植物であるポプラに多く含まれています。
フラボノイドとはポリフェノールの一種でよく聞く抗酸化作用の他に、抗菌・抗ウイルス作用や抗炎症作用、抗アレルギー作用もあるんです。
プロポリスの主成分ですが実は意外と身近なものにも含まれていたりします。
それが大豆です。
大豆にはイソフラボンが豊富なことはご存知ですよね。そのイソフラボンにフラボノイドが含まれているんです。
それ以外では、ブルーベリーのアントシアニンやチョコレートなどにも含まれていて、実はポリフェノールと呼ばれるものの中には微量ではありますが
フラボノイドが含まれています。
しかし、そのフラボノイドを一番効率良く取れるのがプロポリスなんです。
ポリフェノールなので美容にもいいのでたくさん取るように心がけましょう。

・アルテピリンC

アルテピリンC、フラボノイドとは違ってあまり目にしないと思います。このアルテピリンCはブラジルのプロポリスに多く見られます。
ブラジルのプロポリスはなぜアルテピリンCが多いのかというと、起源植物であるアレクリンにたくさん含まれているからです。
起源植物であるアレクリンは、ユーカリやハーブの一種で古くから民間薬として使われていたそうです。
ブラジルのプロポリスは良質だ、とよく言われるのはこのアルテピリンCが多く含まれているからです。
その効果は、研究で異常細胞の増殖を抑えるものだと発表されました。
このアルテピリンCが含まれることで、フラボノイドの効き目もより一層際立たせるのです。