プロポリスが動脈硬化を?

「動脈硬化」とは、高血圧などによって血管が強度を上げるために血管壁が分厚くなっていき、硬くなったりして血液の流れが悪くなる症状を言います。この症状が原因で、血管内に悪玉コレステロールが詰まってしまい、血液が酸素や栄養を送りにくくなり、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまう原因になってしまいます。

血液や内臓は生きてる間、絶え間なく動いています。その機能が一つでも故障したら、体はとても危険な状態に陥ります。
また、実感はないかもしれないですが、日本人の食事はとても豊かです。そのため、食事がコレステロールの過剰摂取や高血圧の原因になっていることがとても多く、上記のような病気が後を立ちません。

こうなる前にプロポリスが活躍するんです。
プロポリスにはフラボノイドが豊富に含まれています。そのフラボノイドの強力な抗酸化作用がコレステロールの酸化を防ぎ悪玉コレステロールになるのを防いでくれます。さらに、この抗酸化作用が血管自体の強度を上げてくれるんです。そのため、プロポリスを摂取することで動脈硬化を抑制することができるんです。

体内に直接ダメージがあると、小さなものでも積み重なってとても大変な病気になってしまいます。
そのため自分の体を形成するもの、つまり食べるものは自分自信で選ぶため好き嫌いで栄養が偏ってしまいます。
なので普段から食事のバランスに気を使い、プロポリスで身体のケアをしてあげるようにしましょう。

今だけ!公式Web限定のセール中!キャンペーンで試す